サッカー元日本代表 習志野出身
北島 秀朗選手のご両親にお話を伺いました

●サッカーとの出会い
 北嶋選手がサッカーを始めたのは小学校1年生の時です。が幼稚園の時もう本人はサッカーがやりたくてしょうがなかったようです。
 しかし、お父様が野球をやらせたいという想いがあり、本当にサッカーがやりたいのかどうか様子をみるつもりで1年生になるまででさせてもらえなかったようです。
 約束通り1年生になるや申し込みをしました。本来野球は3年生からの申し込みと聞いていたため念頭にはなかったようですが、その年は1年生から申し込みができることになりその募集がサッカーを申込んだ次の日からだった、というのも後で考えるとサッカーへの道というのが運命的なものであったとお母様は述懐されてます。
 これは北嶋選手ご本人も公にされているとお聞きしましたが、その当時サッカーがやりたかったほんとうの理由は「サッカーボールを入れる袋がよくて、それを蹴りながら行く友達がうらやましく、僕もそれがほしかった。」との理由。きっかけってなんでも良いのかも知れません。

●サッカー少年と親の関わり
 子供時代はサッカーが好きで好きでしょうがなかったようで、学校から帰って来ても近くの公園に友達を集めてはサッカーをする、雨でも練習に行く、とにかくサッカーなんですね。
 ご両親は、「小学校になってからサッカークラブに入ると試合なども見に行くことはあったのですが、最初は見に行く程度。2年、3年になってきて、自分たちもお世話をしないといけないのではないかと思うようになり、車を出すようにしました。
 車出しなど協力をするようになると役員との関わりができ、次の役員の打診を受け、お引き受けをすることになりました。
 すると今度はお願いをされていた立場からお願いをする立場になってきましたらどんどんのめり込んでいってしまいました」と。
 サッカーとの関わりがだんだん深くなっていく訳ですね。
 そしてさらに、「子供のお陰で試合を見て帰って来てからも今日の試合はどうだった、などと話をする機会が増えました。役員をすることでそういったことへのきっかけを貰えました。また、楽しませてもらったと思います。」
家族でそれを楽しんで行けるかどうかではないでしょうか。
 この後中学、そして市立船橋高校へと進むわけですが、この親御さんのスタンスはさらに進化していきます。

●燃え尽きた3年
 現在お父様は市立船橋高校のサッカー部後援会の副会長をされているそうですが、折に触れてお話されることは、
 「良い意味で親ばかになりましょう、3年間で親も燃え尽きましょう。」どんな立場の子供であっても親が一緒になって応援をしていく、子供をしっかり見てあげてほしいという想いです。それは北嶋選手がプロサッカー選手として成功したからということではなく、どの選手にとってもこの3年間が
 「人生の力になってくる」ということを学ばれたからだと思います。
 「試合を見に来ないでという子供もいるかも知れません。でも親も行くのが当たり前というくらい子供と親の関係を作りましょう」また、
 「私はマッサージをしました。すると会話をします。要は子育ての中での接点が持てる訳ですね。」と、男どうしの話も出来ますとお父様は話されます。
 「役員は細かい作業をしないといけませんね。でもそういう作業をやっているとうれしくなってきます。そのお役を通して学ぶものもあるし次に伝えていくこともある訳です。役員が回ってきたらいやだなあと思うのではなくラッキーと取組んでいかれた方がいいと思います。またそれは夫婦円満の一役を担ってくれると思います。」とはお母様のお言葉です。


●選択は自分で
 北嶋選手は子供の頃から常に選択は自分でしていました。
 「情報は自分で持ってくる。親は必要と言われればそれを用意し、子供がやりたいということに付いて行く感じでした。口出しはできないくらいでしたね。」とお母様は言われます。
 ジェフユースの選抜で1000人くらいの中で約30人の1人として合格。いろいろ相談はしたようですが、最終的には北嶋選手は地元の中学を選択しました。
 「中学から高校へ進学するときも親は地元の習志野高校と思っていました。同じ学区に市立船橋の監督さんが住まわれていて直接来ていただきました。いろいろお話をされて本人が決めたのは市立船橋高校でした。」やはりここでもご両親は本人の意思を尊重されたそうです。
 こうして北嶋選手は自分の方向を自分で選択をし現在に至っています。自分で行くべきところをしっかり設定されていたのですね。

●親とコーチ
 それからコーチとの関係については、
 「子供を預けている訳ですからコーチを好きになりましょう。どんなコーチでも任せていきましょう。」それは、選手とコーチ、コーチと親、選手と親、それぞれの関係を上手に作って行く事は子供が安心して練習に集中出来る環境づくりとして大切なこと」、と言われます。
 「コーチの言う事はまず聞く、親は一線を引いた立場で見ていく。うちの子をメンバーに入れて、とかどこのポジションで使って、などは言わない方が良いと思います。
 コーチに任せている訳だからコーチを立てていくようにした方が良いし、ましてや預けたコーチを批判したり、けなしたり悪口を言ったりするのは良くないですね。」あくまでも側面からの支援に徹することが大切です。
 「また、小学校、中学校くらいは自分の子供だけを応援するのではなく、みんな自分達の子供のように一緒になって応援してあげましょう」と。

●積み重ねてきたもの
 北嶋選手が今までやって来たサッカーには沢山の出会いがありました。
 「小学校、中学校で一緒だった選手、コーチ、選手の親御さん、市船時代の仲間、その親御さん。プロになって出会った選手や親御さんなど、沢山の出会いがありました。皆さん素晴らしいです。その中でも特にトップ選手の親御さんたちはほんとうに素晴らしいです。沢山学ばせていただくものがあります。」
 「子供がサッカーをやってくれてたお陰で私たちもこういった素晴らしいものに出会えたとほんとうに感謝しています。」
とご両親は話されます。

●お話を終えて
 約30年、北嶋選手とサッカーに関わって来られての実感なのでしょう。お話を聞かせていただきながら、家族で少年「北嶋秀朗」の成長を楽しみながら夢を一緒に追いかけて来られたのだと思いました。
 これから夢を追いかける子供を応援する親御さんたちに何か参考になるものがあると思います。是非いろいろトライしてみて下さい。
 今後、北嶋選手はコーチという新しい環境で1からの出発ですが、いつか千葉に戻って、地元千葉から世界へと後輩たちを導いてほしいと思います。
本日はありがとうございました。